0.ハードウエアとソフトウエア-そして環境とは

サイトの紹介と使い方

< 0.ハードウエアとソフトウエア-そして環境とは >

概要

  1. プログラムの作成に環境が必要になります。
  2. そして、環境はハードウエアとソフトウエアの2つから構成されます。
  3. ハードウエアとは、物体のことです。
    例えば、パソコン本体やマウスなど目に見えるもののことです。
  4. ソストウエアとは、非物体のことです。
    それは、プログラム(群)のことです。
    例えば、Windowsもソフトウエアです。

プログラムの種類

プログラムは、大きく分けて次の3種類があります。
そして、初心者の方は、1つのアプリケーションを作成することをお勧めします。

  1. アプリケーション
  2. システム
  3. デバイス・ドライバーなどのハードウエア制御

アプリケーション

ここでは、主としてWindowsのことを述べます。

  1. Windowsには、初めから用意されているプログラムがあります。
    例えば次のようなものです。
    1. メモ帳
    2. ペイント
    3. Windows Media Player
  2. 1.のようなプログラムをアプリケーションと呼びます。
  3. アプリケーションは何らかの機能を持っています。
  4. パソコンの持ち主が、独自にインストールするアプリケーションもあります。

システム

  1. アプリケーションは、多くの場合、1つの機能だけを持ちます。
  2. システムは、多くの場合、多機能です。
  3. しかしながら、どちらもプログラムであることに変わりはありません。
  4. 但し、プログラムが大きくなればなるほど、その構築(作成)の困難度は、右肩上がりに増します。

デバイスドライバー

  1. ハードウエア制御を行うため、専門的な知識が必要になります。

環境

  1. 何らかのプログラムを作成するとき、作成のために環境が必要になります。
  2. そして、何らかのプログラム作成システム(環境)をインストール(準備)するとき、そのプログラム作成システムは「システム要件」をもっています。
  3. 多くの場合、その「システム要件」は、ハードウエアとソフトウエアの両方を持っています。
  4. 「システム要件」は、個々のプログラム作成システム(環境)によって異なります。
  5. 「システム要件」とは、プログラム作成システムをインストールために必要な条件のことです。

ハードウエア・システム要件

例えば、次のような要件があります。

  1. MPU(CPU)の最低スペック(能力)
  2. 実装メモリのサイズ
  3. HDD(または、SDD)の必要容量
  4. ダウンロードサイズ(ルータの使用制限ギガ数に影響します。)

ソフトウエア・システム要件

  1. 使用できるOSの種類
  2. OSのバージョンやエディション、ビット数
  3. 必要な他のプログラム作成システム

最後に

  1. プログラムを組む(プログラミング)ために、プログラム作成システム(環境)が必要になります。
  2. 環境構築は、インストール(ダウンロードとセットアップ)により行います。
  3. 多種多様なプログラミング言語が存在しますが、「初心者」項目では、HTML言語とPHP言語を学びます。
  4. そのために「NetBeans」をプログラム作成システム(環境)としてインストールします。
  5. 「NetBeans」は、完全無料です。

お問合せ・御要望

お問合せ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました