02.歴代の8086系MPU

サイトの紹介と使い方

< 02.歴代の8086系MPU >

概要

  1. 8086系またはx86系と呼ばれるMPUは、40年くらい前から存在します。
  2. この記事では、その歴史を軽く触れていきたいと思います。

MPUの規格

  1. 速度:MPUの演算(処理)速度
    1. MHzまたは、GHzで表します。
    2. 1MHzの場合、1秒間に100万回の演算ができ、1GHzの場合、1秒間に10億回の演算ができます。
  2. bit数:メイン演算部のレジスタのサイズ
    1. レジスタの他に外部バス(MPUと外部との連絡ホース)がありますが、ほとんど意識されません(もの凄く大事なのですけど)。
    2. bit数が2倍になると演算量は、2倍以上になります。加減乗除によりますが、除算(整数)の時、1千倍を軽く超えます(理由は、別記事で記述します)。
  3. コア数:MPUの数
    1. MPUを複数使って、小規模な並列演算を行います。

歴代の8086系

お問合せ・御要望

お問合せ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました