7-URLとメールアドレス

サイトの紹介と使い方動画


created: 2021/08/12 modified: 2021/09/14

初めに

① コンピュータを使う時、多くの専門用語が出できますので、少しづつ覚えていきましょう。
② 覚えなくても、どこにその説明が書いてあったかを知っていれば、思い出すこともできます。

世界でただ1つの住所

① URLもメールアドレスも世界で同じものを持っている人はいません。
② URLとメールアドレスは住所に例えられます。
住所が違えば、郵便物も確実に届けられますからね。
同じ住所があれば違う人に郵便物が届けられるかもしれません。

URL

① 例えば、3-プラットフォーム-土台-アメーバowndの準備で、「アメーバowndの準備」「インストール手順」「ステップ7」で入力した内容は、自分のサイトのアドレス(住所)です。
② しかし、これだけでは世界でただ一つのアドレス(住所)にはなりません。
現実世界でも日本国、○○県がつくように、自分のサイトにもアメーバowndが、アドレス(住所)を追加してくれます。
③ 例えば、自分のサイトのアドレスを含む全住所は次のようになります。
全住所:https:// <自分のサイトのアドレス>.amebaownd.com/
https://:誰でも同じな決まり文句です。
<自分のサイトのアドレス>:自分が入力したアドレスです。
.amebaownd.com/:アメーバowndが追加したアドレスです。
④ この全住所をドメイン名と呼びます。
そして、このドメイン名が自分のサイトの親住所になります。
⑤ 記事(ページ)を追加した時、
例えば、「testページ」という記事を追加した時、その記事(ページ)の住所は、
https:// <自分のサイトのアドレス>.amebaownd.com/testページ
になります。
⑥ 尚、タイトルと住所が同じになるとは限りません。
子住所は、記事を作るごとに増えていきますが、この子住所(親住所も含む)の全てがURLと呼ばれます。

メールアドレス

① 2-googleアカウントの作成で作成したGmailもメールアドレスの一つです。
② どのメールでも同じですが、メールアドレスは次のようになります。
<自分で指定した名前>@<メールサーバ名>
<自分で指定した名前>:スマホなどでは、自分が自由に決められないようです。
@:必ずつく固定された記号(このアドレスはメールアドレスですというマークです。)
<メールサーバ名>:どこでメールを作ったかにより変わりますが、自分では指定できません。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました