82.アミノ酸配列とタンパク質-重複順列の場合数

作成日: 2023/04/05 更新日: 2023/05/08 サイトの紹介と使い方

概要

  1. タンパク質は、アミノ酸配列から合成されます。
    01.染色体とDNA-DNAからタンパク質の合成を参考にしてください。
  2. 重複順列で生成されるアミノ酸配列の場合数を考えます。

アミノ酸配列の場合数

  1. アミノ酸の種類を20種類とします。
  2. アミノ酸配列中のアミノ酸の数をnとすると、場合数は、20Πn = 20nとなります。
    04.簡単な順列Pと組み合わせC-公式と場合数を参照してください。
    桁数を求める概算を参照してください。
  3. 以下にアミノ酸の数(n)と場合数の10進数の桁数の表を載せます。
n桁数
5268
100130
1,0001,301
10,00013,010

最後に

  1. タンパク質は、この膨大な場合数の1場合または僅かな場合の時だけ合成されます。
  2. それ以外の場合のアミノ酸配列は、タンパク質を合成できずに無意味なものになります。
  3. これは、奇跡か何らかの法則の存在無しでは考えられませんね。

お問合せ・御要望

お問合せ
Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました