CENTOSのコマンド一覧とaliasの有効活用

作成日: 2021/07/26 更新日: 2023/06/02 サイトの紹介と使い方

コマンド リスト

A,B,C

[ cat ]:テキストファイルを表示します。
例:cat /etc/passwd     --- ユーザ一覧を表示
[ chmod ]:パーミッションを変更します。必要な権限があります。
4:読み取り
2:書き込み
1:実行
この合計値が設定するパーミッションになります。
所有者、グループ、誰でもOKの3種類に設定します。
例:chmod 754 a.txt
a.txtファイルのパーミッションは次のようになります。
所有者:読み取り、書き込み、実行を許可
グループ:読み取り、実行を許可
誰でもOK:読み取りだけ許可

オプション
-R
[ chown ]:所有者とグループ を変更します。
例:chown [所有者]:[グループ] ファイル名

オプション
-R

D,E,F

[ df ]:ドライブ情報
例:df -h ドライブのサイズを読みやすい単位で表示します。

G,H,I

[ git ]:
例:git clone <url>

J,K,L

[ ls ]: 指定したディレクトリ内のファイル名を表示します。
例:ls -lak ディレクト名
-l ファイルの詳細を表示します。
-a 全てのファイルを表示します。
-k ファイルサイズをKバイト単位で表示します。

M,N,O

P,Q,R

[ passwd ]:user のパスワードを変更します。ルート権限が必要です。
例:passwd user名

S,T,U

[ tar ]:ファイルを解凍または圧縮します。
tar -zcvf file_name.tar.gz directory_name      --- 圧縮
tar -zxvf file_name.tar.gz   --- 解凍

V,W,X

[ wget ]:
例:wget —nocheck-certificate https://github.com/numpy/numpy

Y,Z

参考サイト

CentOS コマンド一覧 (Linux(RHEL))

お問合せ・御要望

お問合せ
Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました