WordPressでマイルールを決めて記事の管理をする

サイトの紹介と使い方動画


created: 2021/07/28 modified: 2021/09/25

目的

  1. 閲覧者が記事を辿りやすいようにサイトを構造化します。
  2. 筆者が記事を管理しやすくします。
  3. マイルールを簡潔にして記事の投稿や編集を簡単にします。
  4. マイルールにより記事の投稿の手間は増えますが、記事数が増えた時に記事の検索に役立ってくれると思っています。

マイルール

大分類とカテゴリ

  1. ホームページを固定ページ(Menu)にしてメニューを作成します。
  2. ホームページに大分類と配下の親カテゴリを表示します。
  3. 親カテゴリの配下の子カテゴリは1階層にします。

スラッグ

  1. 大分類:固定ページ(Menu)で設定します。
  2. 親カテゴリ:cat_parent_xxxxx
  3. 子カテゴリ:cat_child_xxxxx
  4. xxxxxはカテゴリ名です。

子カテゴリ名

  1. "samplecode"が含まれる時、それをサンプルソースコードとみなします。
  2. "functioncode"が含まれる時、それを関数ソースコードとみなします。
  3. "class"が含まれる時、それをクラスの説明とみなします。

タグ

タグで投稿一覧を管理

記事の作成方法

固定ページ「menu」

  1. 赤枠は大分類になります。
  2. 緑枠は親カテゴリになります。

固定ページ「menu」 の設定HTMLコード

<span class="my-menu-list-top">
  <ul h-title="初めて> ">
    <li><a href="https://aidendo-pilot.com/cat_parent_パソコンの準備">パソコンの準備</a></li>
    <li><a href="https://aidendo-pilot.com/cat_parent_初めて">初めて</a></li>
    <li><a href="https://aidendo-pilot.com/cat_parent_初心者">初心者</a></li>
  </ul>
</span>

<span class="my-menu-list-top">
  <ul h-title="ブログ> ">
    <li><a href="https://aidendo-pilot.com/cat_parent_wordpress/">wordpress</a></li>
  </ul>
</span>

固定ページ「menu」 のCSSコード

.my-menu-list-top [h-title]::before {
  content:			attr(h-title);
  font-size:        1.5rem;
}

.my-menu-list-top li{
  display:          inline;
  list-style:       square-button;
  border-style:		solid;
  border-radius:	1rem;
  font-size:        1.5rem;
  font-weight:      bold;
  padding:			0.3rem;
}

.my-menu-list-top li a {
  text-decoration: none;
}

.my-menu-list-top li a:hover {
  text-decoration: underline;
}

親カテゴリ記事

  1. 親カテゴリ名xxxxxを決めます。
  2. 新規に投稿記事を作成して記事タイトルをxxxxxにします。
  3. 自分のカテゴリを1つだけチェックします。
  4. スラッグの先頭に cat_parent_ をつけます。
  5. タグに81parent_catだけを加えます。
  6. コードエディターモードにして記事コンテンツに下記のコードをそのままコピーします。
  7. 記事一覧のソート方法を指定します。
    mysc_article_list title ASC
    1. titleはソートするキーで、title(タイトル順)、none(ソート無)、modified(更新日順)などが指定できます。詳しくは、ソート種別のorderbyを参照してください。
    2. ASC=昇順、DESC=降順になります。
  8. アイキャッチ画像を設定します。
  9. 固定ページ「menu」を編集します。
<!-- wp:shortcode -->
[mysc_bread_crumb]
<!-- /wp:shortcode -->

<!-- wp:heading -->
<h2>子カテゴリ</h2>
<!-- /wp:heading -->

<!-- wp:shortcode -->
[mysc_show_child_category_on_parent]
<!-- /wp:shortcode -->

<!-- wp:heading -->
<h2>記事一覧</h2>
<!-- /wp:heading -->

<!-- wp:shortcode -->
[mysc_article_list  modified DESC]
[mysc_mail]
<!-- /wp:shortcode -->

子カテゴリ

  1. 子カテゴリ名xxxxxを決めます。
  2. 新規に投稿記事を作成して記事タイトルをxxxxxにします。
  3. 自分の子カテゴリを1つだけチェックします。
  4. スラッグの先頭に cat_child_ をつけます。
  5. タグに82child_catだけを加えます。
  6. コードエディターモードにして記事コンテンツに下記のコードをそのままコピーします。
  7. 記事一覧のソート方法を指定します。
    mysc_article_list title ASC
    1. titleはソートするキーで、title(タイトル順)、none(ソート無)、modified(更新日順)などが指定できます。詳しくは、ソート種別のorderbyを参照してください。
    2. ASC=昇順、DESC=降順になります。
  8. アイキャッチ画像を設定します。
<!-- wp:shortcode -->
[mysc_bread_crumb]
<!-- /wp:shortcode -->

<!-- wp:heading -->
<h2>記事一覧</h2>
<!-- /wp:heading -->

<!-- wp:shortcode -->
[mysc_article_list modified DESC]
[mysc_mail]
<!-- /wp:shortcode -->

記事の新規投稿

  1. タイトルを決めます。
    文字数は32文字を目標にしますが、日本語だけだと26文字くらいしかスラッグに反映されないので、アルファベットを交えます。
  2. タイトルとスラッグを同じにします。
  3. カテゴリを1つチェックします。
  4. タグに親カテゴリに属する記事の時21parentを、子カテゴリに属する記事の時22childを加えます。
  5. タグに記事の状態タグを加えます。通常、次の3つから選択します。
    1. 11pri:急いで完成させる記事
    2. 12pri:11priの次くらいに急いで完成させる記事
    3. 13pri:いつか完成させる記事
  6. コードエディターモードにして記事コンテンツに下記のコードをそのままコピーします。
  7. アイキャッチ画像を設定します。
  8. 見出し「概要」から記事を編集します。
<!-- wp:shortcode -->
[mysc_bread_crumb]
[mysc_date]
[toc]
<!-- /wp:shortcode -->

<!-- wp:heading -->
<h2>概要</h2>
<!-- /wp:heading -->

<!-- wp:shortcode -->
[mysc_mail]
<!-- /wp:shortcode -->

投稿手順

  1. Twitterに投稿します。
  2. Facebookのニュースフィードに投稿します。
  3. Facebookのグループ「パソコン・プログラムの学習と教育」に投稿します。
  4. パソコンに記事のビジュアルとコードの仮バックアップをします。
  5. 更新履歴へ追加します。
  6. メタディスクリプション

お問合せ・御要望

  • お問合せ
  • トップへ戻る
    タイトルとURLをコピーしました